コンテンツ

工事が必要なほどの水道管破裂が起きたときやるべきこと

水道管の破裂を目の当たりにすると多くの人は慌ててしまいます。自分は何をすべきなのか分からず右往左往することでしょう。出来る限り被害を最小限に食い止めるため、水道工事を依頼する前や依頼するときに役立つ豆知識を頭に入れておきましょう。

■水道管が破裂したときにやるべきこと

専門知識を持っていなくても大丈夫です。やるべきことを一つずつ確認していきましょう。まずは止水栓を止めます。これで室内や屋外に繋がる水をすべて止めることができるので、室内が水浸しになるというトラブルを防ぐことができます。
そのあとで工事を依頼する業者に連絡を入れて状況を説明します。水道管の破裂は見えないところで起きているので、破裂の状況は説明できないでしょう。ただし、どこで水のトラブルが起きているのか、どんな状況なのかだけでも伝えてください。専門家はそこからどのようなトラブルが起きているのか予測してくれます。

■止水栓の場所が分からない!

確かに、普段何気なく水を使っていると止水栓の場所を気にすることはありません。そのため、いざ水のトラブルが起こると止水栓の場所を探すのに一苦労します。もしものときに備えて各箇所の止水栓の場所は把握しておくといいでしょう。多くの場合は水道メーターの近くに設置されています。床下や壁面、建物によっては外に設置されているところもあるでしょう。
ただし、どうしても止水栓の場所が見つけられないという場合は無理に探す必要はありません。時間が経つごとに水漏れ被害が広がってしまうので、そのときは状況を説明して早めに専門業者に来てもらいましょう。

■まとめ
破裂によるトラブルは頻繁に起こるものではありませんが、いつどのタイミングで起こるか誰にもわかりません。いつもと何か違うような気がするなど小さな変化に気づいたときは可能な限り早めに業者へ連絡をすることが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ