コンテンツ

工事が必要な水道管破裂トラブルの原因とは?

水道管に工事が必要なほどのトラブルが起きたとき、これまで普通に生活していた毎日が一変するでしょう。早めの水道 修理が必要になりますが、トラブルが起こる原因はどこにあるのか追及しましょう。

■水道管のトラブルに考えられる原因とは

起こりやすいトラブルのひとつに年数がたつことで起こる劣化があります。材質や水道管そのものの太さによって耐久年数に違いがあるものの、一般的に寿命は10年から15年ぐらいです。しかし、新しく建物を建ててから10年でトラブルが起こることもあれば、築40年や50年経ってもトラブルが起こらないこともあるのが水道管トラブルの特徴です。
もしも以前に比べて突然水道料金が高くなった場合は、目に見えないところで破裂などのトラブルが起こっている可能性があることを頭の片隅に置いておきましょう。水道料金の大きな変化が目安のひとつになります。

■自然現象による故障も考えられる

例えば凍結です。外気温が氷点下を下回ると、管の中の水が凍ってしまう恐れがあります。氷は膨張する性質を持っているので、中で凍ると膨張した氷が強い圧をかけてしまい、場合によって破裂してしまうのです。管そのものが割れることもありますし、管と管が繋がっている接続部分が壊れることもあります。
そのほかにも地震が原因で破裂することもあるので注意が必要です。体に感じるほどの大きな地震はもちろんのこと、小さな地震が続くとそれらすべてが負荷をかけることも考えられます。特に大きな地震の場合は建物が新しくても起こりうる現象なので気を付けなければなりません。

■まとめ
管が破裂すると大掛かりな工事が必要です。目に見えないところで破裂すると確認するのが難しいですが、水道をすべて止めているのに水道メーターが回っている場合は水道 修理が必要なほどのトラブルが起こっている可能性が高いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ