コンテンツ

水道管破裂によって工事が必要になったとき頼りになる火災保険

もしも水道管が破裂して工事が必要になったとき、やっぱり気になるのは費用のことです。ちょっとした水漏れトラブルとはわけが違うため、もしかしたらとんでもない高額な請求になるのではと心配になるでしょう。そんなとき助けてくれるのが火災保険です。

■火災保険の補償内容を確認しておこう

火災保険と聞くと火事による損害だけが補償されると思い込んでいる方が多いようですが、色んなトラブルを補償してくれる優れた保険なのです。もしも水道管が破裂した場合、その原因が凍結によって破裂した場合などが該当します。気温が下がる季節になると凍結によるトラブルが起こりやすくなります。火災保険による水道管凍結修理費用保険金や、水濡れ補償によって、発生した損害の復旧にかかった費用を賄うことができます。現在加入している火災保険に、この二つがあると補償対象となります。しかしどちらか一方だけの場合は保証範囲が異なるため、今のうちに内容を確認しておきましょう。

■水濡れ補償と水道管凍結修理費用保険金の内容

水濡れ補償は、凍結によって水道管が破裂した場合、このトラブルによって建物そのものや家財道具などが濡れてしまった場合に対象となります。水道管凍結修理費用保険金は、凍結によって破裂したときに修理費として必要となった費用を支払ってもらえます。
ちなみに水道管凍結修理費用保険に関して、こちらは数年前の火災保険には含まれていないことがあるので、それ以前に火災保険に加入している場合は補償内容を確認する必要があります。もしも含まれていない場合は保険会社に問い合わせをして、水道管凍結修理費用保険金や水濡れ補償について一度相談するといいでしょう。

■まとめ
水のトラブルを改善するには専門業者に工事や修理を依頼するのでお金がかかります。破裂によるトラブルは費用も高くなることが考えられるため、火災保険の見直しも検討してみましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ